1. TOP
  2. 導入事例:治具・ゲージ
納入先のお客様の声

従来のゲージでは共用幅が少なく、ギアの大きさが変わるだけで毎回数台製作しなくてはいけないため、多くのコストがかかっていました。中央工機さんは業界では珍しいゲージの設計技術を持った担当者がいるため、もしかしたら何か改善する方法を提案してくれるのでは、と思い相談しました。こちらの要望としては50mmほどゲージの共用幅が出れば良いと思っていたのですが、中央工機さんが提案してくれたのは100mmも共用幅があるもの。そして実際に要望を軽々と超えるゲージを製作していただけ、このゲージはすぐに標準化することにしました。

メーカーの声

治具の技術とゲージの技術を掛け合わせて共用幅の大きなゲージをつくり上げる。これまでにない新しい取り組みだったため、どうやって設計していくか大変でしたが、中央工機さんにはゲージ設計者の方がいるため、打ち合わせなどでコミュニケーションロスが起こることなく、設計・開発も着実に進めていくことができました。結果的にこれまでになかった共用幅100mmというお客様の要望を大きく超えるゲージを製作できたことはもちろん、この経験をきっかけに、治具だけではなくゲージ技術を融合した幅広い提案ができるようになりました。

プロジェクトメンバーの声

お客様からお話を伺ってから、治具の設計に長けたメーカーさんと相談し、ラック&ピニオン方式を利用して製作を進めました。ただし、ラック&ピニオン方式は精度が出ないのでゲージとして使えないため、精度を出すにはどうすればよいか試行錯誤し、どうにかゲージ精度を保ったまま、使用できる仕様設計を考えました。共用幅50mmという要望でしたが、どうせやるなら不可能と言われることをやろうと100mmまで共用幅がでるゲージを一度で作り上げることができ、お客様からは中央工機さんにしかできない仕事だと、大変喜んでいただけました。

  • 業務案内
  • 測定機器
  • 切削工具
  • 環境機器
  • 塑性工具
  • 工作機・周辺機器
  • 治具・ゲージ
  • 工作機械・産業機械・その他機械